TOP > 目的 > 定番寿司ネタ
TOP > 目的 > ランチ商材
TOP > 目的 > お得なケース買い
TOP > 素材 > うなぎ・あなご
TOP > 素材 > うなぎ・あなご > うなぎ
TOP > 素材 > うなぎ・あなご > うなぎ > にほんうなぎ
TOP > 素材 > うなぎ・あなご > うなぎ > にほんうなぎ > にほんうなぎ無頭背開き蒲焼
TOP > 素材 > うなぎ・あなご > うなぎ > うなぎ小ロット


【ケース販売】にほんうなぎ蒲焼 関東風 5kg(約25尾)無頭背開き ジャポニカ種 うなぎ 鰻 ウナギ かばやき カバヤキ 50尾型 約200g前後



【ケース販売】にほんうなぎ蒲焼 関東風 5kg(約25尾)無頭背開き ジャポニカ種 うなぎ 鰻 ウナギ かばやき カバヤキ 50尾型 約200g前後

日本の食文化の歴史のなかで鰻は江戸時代より高級食材として愛されていました。明治以降には養殖がはじまり、台湾や中国からの輸入も盛んにおこなわれるようになってからは全国に普及して身近な御馳走となり、主力食用魚としての地位を確立してきました。その中でも本種「ニホンウナギ(学名:Anguilla japonica)」はウナギ科ウナギ属のウナギの一種で、日本・朝鮮半島・台湾からベトナムまで東アジアに広く分布する、日本で最も古くから食されてきた品種です。年々その数を減らし、現在天然のニホンウナギは絶滅危惧種として環境庁レッドリストに指定を受けている貴重な資源です。最近ではアメリカウナギ(ロストラータ種)や東南アジアに生息するビカーラ種なども市場に出回る様になりましたが、やはり昔から老舗うなぎ店などに愛されてきた「にほんうなぎ」は鰻の中の最上級品といえるでしょう。本品はその「にほんうなぎ」を原料に使用し、関東から中京地域の加工文化である、蒸してから焼きあげる江戸焼き「無頭背開き」製法にて、日本人完全監修のもと中国で製造された「関東風うなぎ蒲焼」です。 ※画像の消費期限は商品撮影時のものですので、ご注文いただきました際は十分な期間があるものを責任をもって発送致します。 ※予告なくパッケージデザインが変更される場合がございます。


商品名うなぎ蒲焼(関東風)【ケース販売】
原材料にほんうなぎ(ジャポニカ種)、醤油、砂糖混合異性化液糖、発酵調味料、水飴、砂糖、うなぎエキス
添加物・仕様着色料(カラメル、アナトー)、酒精、増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)※原材料の一部に小麦、大豆を含む
原産国・産地中国
保存温度要冷凍(‐18℃以下で保存してください。)
規格15kg(約25尾)
規格21尾約200g前後×25尾
メーカー名各社




温度帯・重量による送料の価格一覧表はこちら
※総重量の値は容積によっても、実際の重さと異なる場合がございます。
総重量(g) 5,500グラム
型番 5291
定価 25,800円(税込27,864円)
販売価格 22,556円(税込24,361円)
購入数
ケース


  Check
この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける
レビューを見る(0件)
レビューを投稿











最近チェックした商品

ページの先頭へ